So-net無料ブログ作成
検索選択

<サイパン>戦時写真25枚 邦字紙アルバム米国で見つかる(毎日新聞)

 終戦前年まで日本の委任統治領だったサイパン島に3年間だけ存在した邦字紙「南洋毎日新聞社」の写真アルバムが米国で見つかった。報道写真など計25枚が台紙に張られ、戦時中の様子を生々しく伝える。島は1944年に米軍の攻撃で陥落し、日本統治時代の資料が数多く失われた。歴史研究者は「島が戦時体制にどう組み込まれていたかを知ることができ、史料的価値が高い」と話している。【真野森作】

【写真特集】沖縄戦:「鉄の暴風」死者20万人 徹底抗戦で「捨て石」に

 サイパン島の日本人住民は沖縄県出身者が多かったため、サイパンと日本の関係史に詳しい今泉裕美子法政大教授(国際関係学)は6月23日の「沖縄慰霊の日」に沖縄県で開かれる「南洋群島帰還者会」で写真を公開し、関係者らの情報を募る予定。

 アルバムは、00年に74歳で死去した米国ペンシルベニア州のトーマス・パピ・シニアさんが所蔵していた。トーマスさんは太平洋戦争中、米海軍の上陸用舟艇部隊に所属。陥落後の島でアルバムを見つけ、保管していたとみられる。遺族は日本の知人を通じ、元の持ち主や寄贈先を捜している。

 今泉教授によると、南洋毎日新聞社は41年に設立され、サイパンの中心都市・ガラパン町に本社があった。前身は、30年創刊の南洋日日新聞(一時改題して南洋朝日新聞)。戦況を中心に、日本や島のニュースを報じていた。

 アルバムは縦24センチ、横31センチの大きさで、サイパン神社での必勝祈願祭、海でのみそぎ行事など41〜43年の写真を収録。軽便鉄道の線路や畳敷きの集会所など、日本時代の街の様子もとらえている。

 今泉教授は「サイパンでは多くの人が亡くなっており、関係者にとってもかけがえのない記録のはず」と話している。

 ◇サイパン島

 西太平洋の赤道以北に広がるミクロネシア(南洋群島)の島の一つ。現在は米国自治領。元はドイツ領で、第一次大戦後、周辺の島々と合わせて日本の委任統治領となり、南洋庁の管轄下に入った。日本統治時代は製糖業で繁栄し、料亭街まであった。南洋庁サイパン支庁の日本人住民(朝鮮、台湾出身者を含む)は41年には約5万人に上った。

【関連ニュース】
【写真特集】戦時下の「衣服」:節約、代替の中にも見える工夫とおしゃれ
<図と写真で解説>南の島は戦場だった
ドキュメンタリー:元憲兵・土屋さん追う「ある戦犯の謝罪」−−山形で上映会 /山形
日本本土初空襲:忘れず語り継ぐ…東京・荒川の住民

<野口宇宙飛行士>ソユーズ午後帰還へ ISS長期滞在から(毎日新聞)
<自殺者>遺族を2次被害から守る 全国で署名活動へ(毎日新聞)
関東と沖縄を上方修正=5月の地域経済動向―内閣府(時事通信)
口蹄疫 獣医師、全国から応援 殺処分遅れ民間活用必要の指摘も(産経新聞)
民主代表選 樽床氏と菅氏が立候補届け出(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。